Breaktime

のんびりとね

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

新宿御苑@秋 



(Nikon D70+TAMRON AF28-300 F3.5-6.3 LD ASPHERICAL(IF)MACRO)

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

新宿御苑の日本庭園のススキです。

私のスキな作家に大沢在昌がいます。
多作な作家だから本屋さんに行けば必ず目にするけど、
手にする機会もなく、私が最初に読んだ『新宿鮫』はつい5,6年前。
1年に1回ぐらいは衝撃を受ける小説に出会うけど、
まさにこの『新宿鮫』がそれ。
以来、次々と新宿鮫シリーズにはまっていきました。
なかでも1番グッときたのは『毒猿』。
クライマックスの舞台は、この新宿御苑の日本庭園にある旧御涼亭。
ここにくるたび、毒猿の壮絶な死闘に思いがいって、
ちとせつない気分になるのでした。

職場の読書好きなひとたちのあいだで大沢在昌ブームになったときがあります。
この作家の本ばかり読んでしまう中毒症状になるのよね。
感染源は私ね(ё∇ё)


スポンサーサイト
thread: 四季 −秋− | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 8 | edit

枯れてなお 





また、同じような写真(^^;
いろんな場所で、この枯れた草を撮りました。

さっそく昨日、D7000で撮ってみましたよ。
ピントがね、あわないのよ。
半押しでピントをさぐっていると、シャッターがおりちゃったりして…。
『えーーーっ(T△T)』

と、ガックシきていましたが、D7000は合焦してもピッって音がしないのですね。
そして、シャッター音も静かで、そっと触れただけでよい。
それにくらべるとD70はシャッターボタンを押し込む感じ?(^^;
D7000ってば、お上品(^。^*)
そんな感じでおつきあいが始りました。
初撮りの写真は紅葉でしたが、来年あたりにアップします。(来年も紅葉Σ( ̄□ ̄ )




thread: ニコンphoto | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

枯れてなお 





ゴチャゴチャした写真になっちゃった

花が終わり、タネをつけています。
全体としてカラカラに枯れていますが、このタネの生への執着力は粘着質です。
ちょっと触れようものなら、スニーカーやジーンズにベッタリとへばりつきます。
取るのがタイヘン
カタチがね、クサビ型手裏剣のようなの。
この雑草の気合と根性が濃縮されてるから、しつこいしつこい



thread: ニコンphoto | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 3 | edit

赤い実と空蝉 





私は出不精でもあるんですが、
最近せっぱつまった状況になってきてますので、
『Y』とか『K』とか『Ya』とかのぞいています。
そこでわかったこと、
私のカメラの記録媒体CFはすでに過去のものになりつつある、ということです。
ちいさな店舗でしたが『K』には置いてなかった。
のんびりもいいけど、
将来、私のようなものは置き去りにされるような予感がしました。



thread: ニコンphoto | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

セイタカアワダチソウ 

セイタカアワダチソウ





だいぶ昔、近所の空き地にセイタカアワダチソウが群生していて、
それはきれいでした。
何本か摘み取って家に飾ったことがあったけど、
花粉の量がはんぱなくて掃除がタイヘンだったなぁ。
この花粉がゼンソクや花粉症によくないって聞いて、
みだりに野の花を摘むものではないと思いましたっけ。

私はいろいろ弱いところがあるんですが、ノドはとくに弱い。
あ。気も弱いですけどね。
アレルギーテストをしたら、
ハウスダストやダニとかはダイジョーブだったけど雑草の花粉がダメ。
野っぱらなどで写真を撮った日は
ノドが痛くなることがよくあります…。



thread: ニコンphoto | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。